作成者別アーカイブ: さかもとこうへい

「なにを目的にWEBを作るのか」という目的意識をもっていますか?

「なにを目的にWEBを作るのか」という目的意識をもっていますか?

まず、申し上げたいのが、自社のWEBを作ろう(もしくはリニューアルしよう)とした際に「なにを目的にWEBを作るのか」ということが明確になっていますか?という点です。
これがちゃんと整理できていない場合、もしくは、一度決めた目的がブレブレになってしまった場合、これからかける費用がとても高くなってしまう危険があるだけでなく、最悪のケースとして、費用が無駄になってしまう可能性が非常に高いのです。

「WEBサイトを立ち上げたい」とご相談を頂いた際に私からご確認する代表的な内容を3つ書かせて頂きました。意識していただきたのは「どこにお金をかけるべきか?」という点です。WEBを作る目的によってお金と労力をかける対象が明確に異なっている点に注目してみてください。

なお、これは過去に私がWEBのご相談を受けた際に申し上げていることをまとめたものです。ムツカシイ技術的なお話はしていません。
どちらかと言うと経営判断をされている方向けに書いています。したがって、どなたでもご理解いただけるように書いているつもりです。

これから自社のWEBを開設したい、もしくはWEBをリニューアルしたいと計画されている方、とくに経営判断やWEB投資の判断をなされている方に向けて、WEB制作の指針となれば幸いです。

【ケース1】WEBから集客して売り上げを上げたい

WEBから集客して売り上げを上げたいとお考えの場合、お金も根気も必要となってきます。その覚悟を決める必要があります。

まずは、WEBからどのような顧客を集客したいのか、WEBからどの程度の売り上げを見込むのか、計画を立てましょう。その計画に元づいて投資金額が決まってきます。
しかし、これらの計画を立てるのはWEBの専門家でないと難しい場合が多く、かつ、この計画が甘いと、求める結果が得られない(=投資が無駄になる)危険があります。
したがって、WEB専門のコンサルタントに頼るのがもっとも効率的かつ効果的です。コンサルティングにはケチらず費用を投資したほうがよいでしょう。

おそらく、コンサルティングの際にも言われると思いますが、WEB集客を目指す場合、何よりも「売れるWEB」を作る必要があります。つまり「個人の好み」は二の次となり、根拠のない「あれが好き、これが良い」などの主観論は徹底的に排除されます。したがって、あまり好みではないデザインのWEBとなることも多いにあります。「売れるWEB」はアナタや社長の思いを伝えたりアピールする場所ではないのです。売り上げを上げるための場所なのです。自社の思いを伝える事とWEBから集客して売り上げを上げる事が正反対となる可能性があることを覚悟してください(この二つが同じベクトルになるのが理想ですが)。

「売れるWEB」とは極論すればSEO対策に尽きるといっても過言ではありません。そのためには良質なコンテンツを大量生産する必要があります。コンテンツの生産は、内製作業となる場合が多いです(部外者には依頼しずらい為)。つまり、最低でもWEB専門の担当者が一人は必要となります。片手間の担当者ではすぐに計画が破綻します。もちろん人的リソースの確保には費用が必要となることを言うまでもありません。

広告なども出稿する必要があります。どのような媒体に広告をだすのかによって費用は大きく変わりますが、この広告が「売れるWEB」を加速させる起爆剤になります。「売れるWEB」には少なからず広告投資が必要となることも覚悟しておいてください。

加えて、広告投資の金額にもよりますが、WEBから売り上げを上げる為にはある程度の時間が必要です。根気強くWEB運営に投資を続ける必要があります。

これだけの出費と手間をかけてはじめてWEBから売り上げが得られます。ここで申し上げた事は最低ラインです。いずれかが欠けても満足のいく結果は得られないでしょう。極論すれば、いずれかの出費もしくは手間の負担が不可能であるなら「WEBから集客して売り上げを上げたい」という目的はあきらめるべきだとすら思います。中途半端な投資ほど無駄なものはありません。

【ケース2】信用力を向上させたい、自社の認知度を上げたい(自社ブランド力を向上させたい)

まず、自社をアピールするためのコンテンツ作りにお金をかけましょう。
カッコいいWEBデザインも重要ですが、デザインからは伝えたい事のごく一部しか伝わりません。自社やアナタの思いをWEB閲覧者に伝えるにはWEBデザインではなくそのコンテンツが重要なのです。

動画でも、画像でも、文章でも、出来る限りわかりやすくを心がけて、真摯にコンテンツ作りと向き合いましょう。WEBデザインを考えるのはその後です。

何をすべきか迷っているなら、会社案内のパンフレットや会社案内動画などを充実させる(見直す)ことをお勧めします。なぜなら、アナログの会社案内を作る過程でWEB用の素材が固まってきます。その素材を組み合わせてWEB用コンテンツが作成できます。コンテンツができてくればWEBデザインは後からについてきます。WEBデザインというものは、コンテンツが決まれば、おのずと答えが導きだされるもので、そのような状態にあれば、そんなに高額なデザイン費用を払わなくともできるものです。

デザイン費用が高くなる理由の一部を簡単にご説明すると、まず第一に「デザインコンセプト」を決めるところが非常に労力と能力が必要とします。デザインコンセプトが決まっていない場合は、複数のデザイン案を作る必要があります(その中からデザイン選び、かつ修正しながら自社のコンセプトを固めていきます)。つまり、一つのWEBサイトを作成するために、デザイナはいくつものデザインを作る必要があるのです。WEBデザインというものは1案いくら、という見積もりをします。したがって、複数のデザインを作る、となっただけでデザイン費用が2倍、3倍、、、と膨れ上がっていくことは安易に想像していただけるかと思います。

コンテンツを先に作りましょう、というのは、WEBサイトのコンセプトを先に固めてしまいましょう、と同義です。WEBのデザインは難しく思えても、アナログの会社案内パンフレットであれば、比較的想像しやすいかと思います。また、デザインよりもコンテンツを重要視することで、WEBサイトを作る目的である「自社ブランド力を向上させたい」にも直結します。それは、外部業者には出来ないことです。自社でやるべきことなのです。

【ケース3】WEBは世間体のために作るのであって、看板と同じ程度でよい

WEBサイトに求める事がそれほどないのであれば、出来るだけお金をかけずにWEBを開設することを目指しましょう。幸いなことに、今の世には無料でさまざまなことが出来る時代になっています。

全てを自分でやってもよいのですが(そうすればお財布からの出費は限りなくゼロになります)、アナタの行動がすなわちコストであることをお忘れなく。アナタが1日かけてやることを5分でやる人間たちがいます。できるならば、アナタの1日の作業を5分で出来る人材にお金をかけるべきです。その人間たちにお金を渡せば、効率的に「無料」を使いこなせることでしょう。その後のWEBサイトのメンテナンスも非常にラクになります(つまりトータルコストがやすくなることになるのです)。

ここで一つ重要なことがあります。それは、アナタがWEBサイトに求める事をブレることなく定めておくことです。決してそれを崩してはいけません。例えば「会社概要と主力商品の案内さえ乗せておければよい」としていた条件に対して、後から「社長のブログをのせたい」「社員のブログをのせたい」「WEBから問い合わせを受けたい」など欲をだして条件を追加しないことです。ブログを書きたいのであれば、最初から「ブログも書きたい」と、WEBからの問い合わせを受けたいならば「問い合わせフォームを入れてくれ」いう条件をはじめから定めておいてください。あとから追加された場合は、予想よりも大幅なコスト増となることを覚悟してください。その理由を建築にたとえてお話すると、簡単な木造住宅を注文したのに「2階より上をコンクリート造にしてくれ」と同じような注文だからです。2階より上をコンクリート造にするならば、1階部分もコンクリートにしなければ建物が耐えられません。それだけでなく基礎部分もやりなおしです。このような注文には多額の増額費用が請求されてもおかしくないのはご理解いただけるかと思います。この事がしっかりご理解いただけているのであれば、低コストでお望みのWEBサイトができることでしょう。

おわりに

いかがでしたか?ご自身のケースにぴったり合った話ではなかったにしても、ご自身がWEBに何を求めているのか、WEBを作る目的の違いでこれだけ行うべきこと(=お金をかけるべきこと)が異なってくることがお分かりいただけたかと思います。見当違いの作業にお金と労力をいくらかけてもできるもの出来ませんし、目的など達成できるわけありません。つまり、「何を目的にWEBを作るのか」という定義があなたが作ろうとしているWEBのパフォーマンスに直結していると言っても過言ではありません。ぜひ、WEBを持ちたい、とお考えの方は「何を目的にWEBを作るのか」ということを熟慮してみてください。

システム開発の見積が高い4つの理由(ワケ)

【ワケ1】儲ける必要のある「会社組織」が見積もっているから

システム開発という話から逸れますが、そもそも会社組織というものは絶対に儲ける必要があります。トントンじゃ絶対にダメなんです。なぜなら、そもそもマイナスからスタートしているからです。

会社組織というものは存在しているだけで経費がかかります。事務所賃貸費用、間接人件費、税金などなど。これは、仕事をしていなくとも必要であり、組織が生きていく上で絶対に必要となる生命維持(「法人は人格を有する」とはよく言ったものです)の費用です。したがって仕事を受ける以上、それなりに儲けを乗せないといけません。逆を言えば、会社組織というものは儲けが少ない仕事は受けてはいけないのです(儲けが少ない仕事ばかりしていると生命維持に支障がでてきます)。

したがって、当然ながら見積額にはその会社がその仕事で活動するうえで最低限以上の利益(経費といってもいい)が乗ります。つまり、会社組織が大きければ大きいほどこの利益が大きくなってきます。大きなシステム会社に見積もりを要求するとビックリするような金額が出てくるのはこのためです。

以前、勤めていた会社では「最低でも経費は6掛け」で計算していました。つまり原価100万円(原価=直接経費)の仕事は167万円以上の金額で提示していました。これがある程度の会社組織ならば当たり前のようにされています。一般の方々から見たら6掛けされた見積額と原価額を聞くと「ボッタくってるなぁ」と感じるかもしれませんが、これでも儲かっているわけではないんです。いろいろな経費を引くと、これでもトントンなんです。これには僕もビックリしました。このように会社組織の生命維持に必要な経費というものはとても大きいものなんです。

【ワケ2】システム会社が得意な技術が決まっているから

システム会社には得意な技術が必ずあります。建設会社を例にわかりやすく例えると、マンションなどのコンクリート構造物が得意とか、橋梁などの鋼構造物が得意とか、身近でいえば木造の家を作るのが得意だとか、そういう得意分野みたいなものがあるのです。具体的には、Windows系.NETが得意とか、業務システムをJavaで構築するのが得意とか、PHPでWEBサービスを作るのが得意とか、SAPやSalesforceなどの特定アプリケーションの導入やカスタマイズが得意とか。そのシステム会社によほど経営的な判断(新しい分野にチャレンジしよう、など)があった場合以外は、通常、その会社得意な技術やアプリケーションを使ってシステムを構築することを前提として提案や見積額が提示されます。

一方で、システム開発というのは不思議なもので、技術ごとに人件費単価が異なっているのです。つまり、.NETで工数1人月で作る場合と、Javaで工数1人月で作る場合と、PHPで工数1人月で作る場合でかかってくる人件費は異なっているのです。さらに不思議なことに、この人件費単価はかなり差があり、へたをすると費用が1~3倍になることがあります。

そこで、とある会社に「あれがしたい、これがしたい」と要望を持ち込むと、その会社が得意な技術と作り方でソロバンをはじきます。そうすると必然的に価格が異なってくるのです。つまり他社と1~3倍ほど差がある見積額が出てくるわけなんです。

具体例を出すと、Javaでシステムを構築する技術者の一般的な人月単価(技術者1人に1か月間作業をさせるのに必要な価格)は平均で60万円と言われています。一方でPHP技術者は平均月額単価は30万円です。しかもPHPはそもそも簡単学習、短工期を最大のメリットとしている言語ですので、Javaよりも高速で(短い工期で)構築することができます。おのずと見積額にも明確な差がでてくるわけです。(※ただし双方にメリット・デメリットがあるので一概に価格では決められないことはお断りしておきます)

【ワケ3】正しく要件を定義していないから

システムを作る上で最も重要な作業の一つに「要件定義」といわれる作業があります。この作業を簡単に説明すると「お客様の要件や要望を聞いて、お客様が何をしてほしいのか決める」作業となります。これは「お客様の御用聞き」をする作業ではありません。「お客様に本当に必要なこと」を正しくかつ詳細に探り当てる作業なのです。さらにいうと「お客様にはいらないこと」をちゃんと明確にする作業でもあるのです。そして要件定義をするうえで一番重要なことは、要件定義の段階では決して「お客様に必要なモノ(機能や形姿)」を具体的に定義してはいけないのです。

基本的にお客様はご自身のことをよくわかっておられません。ご自身にとって「本当に必要なモノ」を見えていないことが非常に多いのです。お客様は、ただ、漠然と「ほしい」と思ったから来ただけなのです。したがって作り手である我々が「そもそもなぜ、ソレがほしいと思ったのか?」「ソレを持つことによって何を成したいのか?」を紐解きながら「ただ、ほしい」という気持ちを解きほぐし、「お客様に本当に必要なこと」「お客様には要らないこと」を明確にして、お客様と共有していきます。これが要件定義という作業です。具体的なモノの話は、要件定義が明確になった後に具体的に設計されます(これを基本設計といいます)。

シンプルに考えてみてください。本当に成すべきことがわかっていないのに、本当に役に立つシステムができると思いますか?本当に成すべきことが分かっていないのに、システムを正しく使うことができると思いますか?本当に成すべきことがわかっていれば、不必要を極限までそぎ落とし、必要最低限の機能で最大の効果を上げるシステムを作ることが可能となります。つまり、要件定義が正しくできていれば「必要なシステムを安く作る」ことも十分に可能なのです。逆を言えば、要件定義が不完全もしくは間違って行われていた場合「必要以上かつ不必要で余計なものを作ってしまう(=高価になる)」危険があるわけです。

私のところに他社で出された見積を片手に「このシステム作るのにこんなに費用かかるの?」と相談に来られる方が多くいます。すこし時間を頂戴して、その方の要件をゆっくり紐解いていくと、実際にはその金額の半額以下で十分に構築可能なことがたくさんあります。つまり、お客様の要件を慎重に抽出してから、違ったやり方、異なる技術、その方の妥協点などをよくよく探っていくと1/5の価格で出来てしまうことも当たり前のようにあるのです(ただし、価格を下げるということは何かしらの代償が伴います。それを必ず説明してご納得いただかない限り、その仕事はお受けできないことがあることはお断りしておきます)。

この要件定義を正確に行うことが、正確な見積もりを出す根拠となります。強いて言えば、本来であれば要件定義ができていなければ見積はだせないのです。すでにお気づきと思いますが、要件定義は発注前に行われなければなりません。つまり、専門の技術者が要件定義をするのではなく、営業担当者が要件定義を行うことが多いのです(一般的な会社組織では技術者を動かすのは発注がなされた後になります)。要件定義を行うにはそれ相応の知識と経験が必要となります。一般的な技術者であっても要件定義を正確に行うことは難しいのです。要件定義を行う営業担当者にその知識と経験があるか・・・それが大きな問題となります(ここを重視して優秀な営業担当者を配置する会社組織ももちろんあります)。したがって、「だされた見積もりが高い」と相談に来られた場合、私はその方が話を持ち掛けたシステム会社の要件定義があまり正確に成されていないのではないか?と常に疑い、まず要件を慎重に分析することから始めるのです。その結果が前述の事例に結びつきます。

【ワケ4】その仕事を「やりたくない」から

最後は、単純な理由なのですが、あなたの持ち込んだ要望について、そのシステム会社が「できるけど、やりたくない」場合があります。【ワケ1】でもすこし触れましたが、会社組織には「やってよい仕事(=やるべき仕事)」と「やってはいけない仕事」があります。やりたくない理由はとても簡単で単純に利益に結びつかないのです。これは会社ごとにかなり明確に決まっています(これが明確でない会社は前述のとおり存続が危ういです)。しかし、お客様に対して「それは儲からないのでやりません」とはさすがに言えません。言えば失礼どころか信用を失いかねません。したがって、かなり利益を乗せた金額(=本来ならやらないが、このくらいくれるなら受けてもいい金額)を提示して「申し訳ありません、うちではこのくらい頂かないとできません」と頭を下げるのです(これなら営業職も頭を下げやすいのです)。

以上が、システム会社の見積が高い4つの理由(ワケ)です。
いかがでしたでしょうか?
あなたの手元にある「システム会社が作成した見積書」が高い理由をお分かりいただけましたでしょうか?

「WordPressを入れたらラクになる」の嘘と真実

WordPressでWEBサイトを運営してみるとわかるのですが、WordpressというツールはあまりWEBの知識に明るくない(そこまで専門的な知識の無い)サイト運営者にはあまり優しくありません。Wordpressはページ更新やページ追加などのサイト運営をラクにはしてくれないのです。「Wordpressを入れるとラクですよ」という業者の口車に乗せられてWordpressを入れたはいいが、むしろ大変になった、というのは良く聞く話です。

では「Wordpressはラク」というのはウソなのか?実は嘘ではないんです。実は、WordPressは初期構築がすごくラクなんです。高機能なWEBサイトがとても効率的に構築できるのです。100の労力が20で済むのです。これはスゴイ。ただし、10の労力が5で済むか?というとNOです。10の労力だった場合むしろ20の労力がかかります。だから一枚ペラのランディングサイトなどはWordpressで作るとむしろ労力が増えてしまいます。この話は我々WEB構築業者がWordpreeを推す大きなメリットです。

もうひとつ、Wordpressは「ある程度知識のある人間」にはとても効力のあるツールなのです。したがって、WEB運営をしていくうちに、Wordpressにも慣れ、WEBサイトというものがどういう仕組みで動いているのかわかりだすと、とたんに効果がでてきます。そこに至るまでが非常にシンドイのです。安易にCMSを入れることを推奨する業者はこの事を説明しません。HTML補完機能(入力機能を強化する機能)を入れたから自分でページ更新できるでしょ?出来ないからって聞いてこないでね、お金取るよ。って感じです。とたんに困るわけです。このハードルを越えたら必ずラクになる、という目標もなく、ただツライ現状を突き放されたらメゲますよ、ふつう。

我々はウソをつきません。以前Wordpressを導入した会社様にもこの事をシツコイくらいに説明しました。1年後には必ずラクになります、それまではシンドイです、シンドイ間は我々が全力でサポートします、と。そのかわり、業界最安値ではありません、ある程度の費用は頂戴します、と申し上げ、ご納得頂いた上でお仕事させていただきました。

さて、その会社様がもうそろそろ新サイト運営開始から1年が経過しようとした先日のこと、「この一年シンドイ思いをした以上のものが得られた、Wordpressを入れてよかった」とお褒めの言葉頂戴した事が至極幸せな瞬間でした。

これがWordpressの正しい導入方法であると信じています。